ヨーロッパ旅行

【フランス】絵画の世界!モネの家と庭園に行ってきた!

モネの家と庭園

こんにちは、ヨーロッパ旅行好きのako(@akolog_ako)です。

2015年10月のフランス旅行で、フランスジヴェルニーにあるモネの家と庭園に行ってきました!

池の草木や咲き誇る花々が美しく、まさに絵画の世界でした。

フランス旅行やモネに興味のある方はぜひご覧ください♪

モネの家と庭園について

フランスのノルマンディー地方の小さな街、ジヴェルニー。

たくさんのアーティストが活動しているこの街は、数々のギャラリーのあるアートの街です。

そして、そこにはモネが暮らした家があります。

その家は彼の死後放置され荒れ果てていましたが、非営利団体のクロード・モネ財団によって修復されました。

モネの家と庭園は、現在もクロード・モネ財団が管理・運営しています。

アクセスはパリから1時間ほどのため、パリからの日帰り観光にも人気があります。

モネの家と庭園の開館時期は、毎年4月頃〜10月末頃となっています。

冬は閉館していますのでご注意ください。

先日モネの家と庭園についてツイートしました。

このツイートの写真に追加して、モネの世界をご覧ください。

モネの池

しだれ柳と睡蓮の美しい池。

この池はモネの大作「睡蓮」のモデルとなった池です。

この池は日本好きなモネが日本庭園をモチーフとして造り、写真には残せませんでしたが、日本風の橋が架けられています。

モネの家と庭園
モネの家と庭園
モネの家と庭園

モネの庭

色とりどりの美しい花々が咲き誇る庭。

冬は閉館しているため、開館時期に訪れれば、花が咲き乱れる庭を観ることができます。

モネの家と庭園

モネの家

緑色の鎧窓にピンクの壁が可愛らしい家。

こちらも写真には残せませんでしたが、家の中には日本好きなモネがコレクションしていた、日本画や浮世絵などがずらりと数多く飾られています。

日本人としてはとても嬉しい光景です。

モネの家と庭園
モネの家と庭園
モネの家と庭園

レストラン・ボーディ

アートの街ジヴェルニーは、レストランやカフェも充実しています。

モネの家から少し離れた「レストラン・ボーディ」(Restaurant Baudy)でランチをいただきました。

ここは「アンシャン・オテル・ボーディ」(Ancien Hôtel Baudy)のレストランなのですが、席も多く料理も美味しく満足でした。

モネの家と庭園

オランジーナはフランス発祥です。
日本ではほとんど飲みませんが、フランスではよく飲みました。

モネの家と庭園
レタスのサラダです。
記憶があいまいですが、ドレッシングは酸味のある
白ワインビネガーとオリーブオイルのドレッシングだったと思います。

モネの家と庭園
鴨肉のローストと、ラザニアのように重ねられたポテトと野菜です。

モネの家と庭園
ナッツの乗ったアイスです。
ラズベリーソースが敷かれています。

最後に

モネの家と庭園は、ノルマンディー地方でモン・サン・ミッシェルに次いで来場者数の多い観光地だそうです。

日本好きなモネの絵画の世界を堪能した後は、ぜひ美味しいランチを食べてみてくださいね。

みなさんの参考になれば幸いです。