ヨーロッパ旅行

【イタリア】世界遺産!世界最小の国 バチカン市国に行ってきた!

バチカン市国

こんにちは、ヨーロッパ旅行好きのako(@akolog_ako)です。

2013年9月のイタリア旅行で、世界最小の国であるバチカン市国に行ってきました!

特に、世界最大の教会のサン・ピエトロ大聖堂は圧巻でした。

イタリア旅行に興味のある方はぜひご覧ください♪

バチカン市国とは

バチカン市国は、イタリアの首都ローマにある世界最小の国家です。

面積は約0.49km²ほどしかなく、東京ディズニーランド(約0.465 km²)とほぼ同じくらいです。

このバチカンの国土全体が、ユネスコの世界遺産として登録されています。

バチカン市国は、ローマ観光の中心地である「テルミニ駅」から電車で10分ほどの、地下鉄A線「 オッタヴィアーノ サン・ピエトロ駅 」が最寄り駅となっています。

バチカン美術館

バチカン美術館はバチカン市国にあり、歴代ローマ教皇の収集品を展示する、世界最大級の美術館です。

とても巨大な美術館であり、美術館の入るバチカン宮殿の大部分を占めています。

この美術館は500年以上の歴史を持ち、新旧さまざまな美術館の複合体で構成されています。

バチカン市国
美術館の出口です。
入口は地味なものが別にあります。

バチカン市国
美術館の中庭です。

バチカン市国
美術館内部です。

バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
「タペストリーのギャラリー」です。
左右に様々なタペストリーが飾られています。

バチカン市国
「地図のギャラリー」です。
左右に様々な地図が飾られています。

バチカン市国
バチカン市国

システィーナ礼拝堂

システィーナ礼拝堂は、バチカン美術館の最奥部にある礼拝堂です。

世界的に有名な礼拝堂であり、その見どころは、ミケランジェロが描いた天井画の「天地創造」と、祭壇に描かれた「最後の審判」です。

この2つはミケランジェロの絵画作品の頂点とされています。

礼拝堂内は写真撮影禁止となっています。

サン・ピエトロ大聖堂

サン・ピエトロ大聖堂はバチカン市国にある、バロック・ルネサンス様式の巨大な教会です。

キリスト教の最大宗派であるカトリックの総本山であり、キリスト教の建築物としては世界最大級の大きさを誇っています。

大聖堂は神聖な場所のため、入場時は服装にご注意ください。

タンクトップ、キャミソール、短パン、ミニスカートなど、極端に肌の露出の多い服装では入場できません。

先日サン・ピエトロ大聖堂についてツイートしました。

このツイートの写真に追加して、圧巻の大聖堂の様子をご覧ください。

バチカン市国
大聖堂の外にあった売店です。

バチカン市国
大聖堂入場待ちの人がたくさんいます。

バチカン市国
サン・ピエトロ大聖堂の外観です。

バチカン市国
大聖堂内部の様子です。
壁も厚く柱も太く重厚で、ものすごい広さです。

バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国
バチカン市国

最後に

世界最小の国の世界最大の教会を観ることができて、とても感動しました。

ローマ市内にあるため、周りはもちろんイタリアです。

国の中に国があるという、日本では考えられないような状況も面白いなと感じました。

ローマ観光の際はぜひ足を運んでみてください。

みなさんの参考になれば幸いです。